セフレ五人にはサクラによくある仰天エピソードは無さそうでした…

出会い系を使ってばかりなという人の内面は、一人だけの寂しい生活を送っていて、どんな人に会ったとしても、人間関係を持つことについて価値がないと思い込んでしまうという冷めた考え方で他人と接しているのです。よく出会い系サイトを利用している人についてはセフレ恋愛に至るよりも前の段階で、誰からも愛情を受けてこなかったり、一般的な友人関係も築くことができないというタイプがほとんどなのです。そういう感じの人は、他の人が見ると、面白味のない人に見え、別段悩みや不安などもないように見えてしまいがちですが、当人はそうは思っていません。そもそもの人間関係を恐れることしかせず、それが家族であっても、友達というカテゴリの関係でも、同じ仕事をする人との関係も、異性との関係もセフレ続けるという思いも持てず、そんな経験を持っているために異性へ興味が向かないようにしている、という経験がある人がほとんどなのです。彼らのような人格の人から見ると、出会い系サイトという場所は気楽に過ごせるところなのです。出会い系サイトでのやり取りは、長く続くことは稀であるのがほとんどだからです。9割近くの人が、その場限りの相手という関係しか持つことができないので、必要以上に干渉もしないので、相手も自分も目的が終われば関係が長続きすることもないのです。出会い系サイトを使うことにのめり込んでしまう人は、まともに人間関係を持つことを放棄しているような人であり、一度人間のことを信用できるようになれば、出会い系というものからはだんだんと離れていくようになります。
昨日インタビューを成功したのは、意外にも、現役でステマの派遣社員をしている五人の学生!駆けつけたのは、メンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、貧乏大学生のBさん、自称アーティストのCさん、芸能プロダクションに所属していたDさん、芸人志望のEさんの五人です。筆者「始めにセフレ募集 ニューハーフ セフレ辞めた動機からうかがってもよろしいでしょうか。Aさん以外の方からお願いします」A(元昼キャバ勤務)「俺は、女心が知りたくて開始しました」B(大学2回生)「自分は、ガッツリ儲けられれば何でもいいと思って辞めましたね」C(アーチスト)「ボクは、ジャズシンガーをやっているんですけど、まだ素人同然なんで少ししか稼げないんですよ。大スターになる為には詰らないことでも着々と下積みしなきゃいけないんで、こういう体験をして、とりあえずアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」D(某タレントプロダクション所属)「小生は、○○って芸能事務所にてパフォーマーを辞めようと考えているんですが、一度のステージで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトを始めたんです」E(若手芸人)「実を申せば、自分もDさんと同じような状況で、コントやって一回ほんの数百円の侘しい生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、ステルスマーケティングの仕事を開始することになりました」よりによって、五人のうち三人が芸能事務所に所属しているという至って普通のメンバーでした…、だが話を聞いてみたところ、五人にはサクラによくある仰天エピソードは無さそうでした…。

関連記事: