セフレに五人にはステマ独自の悲しいエピソードがあるようでした…

ネット上のやり取りをするサイトをかなり利用する年代は、20代・30代のような若いといわれている年頃だと判断されています。
そうして、その年齢を超えてしまうと、出会い系サイトを利用するという最高の興奮感を感じなくなったり、扱い方やサイトの情報を見出せなかったため、使おうという意欲や欲望がおきる事由がない、という考えが増加しています。
またしても、打ち付けですが六十代の利用者が多くなっており、暇つぶしを感じる時間を癒す為に利用する老人なども見かけるようになりました。
ご覧のとおりに、千差万別の年代の人々が出会い系サイトを生活の中に取り入れているのですが、その時代の考えによって利用するベースや考えがとてつもなく違う形をしています。
引き合いに出すと、六十歳になった男性になると、女性を求めるのとは違う、埋めようのない空白の心を癒す理由で、慰めを与えてくれる相手を捜し求めて出会い系サイトを利用するようになった男性が見つけるようになりました。
この種の人には、「自作自演する人に騙されていることを知ってしまっても、寂しさとプライドで利用を続けてしまう」という一人ぼっちが怖い男性もいるなど正当化できない考えでセフレ助けられない人もいるのです。
その人の年齢によって利用する根拠は違いますが、漠然とした範囲の世代が、寂しさや苦しさなどの理由で出会い系サイトをスタートさせてしまっています。
でなければ、こういった事実を変えるには、今日この段階では八戸 セフレ LINE セフレ募集 QR出会い系サイト自体の報いを一段と強めていくしか手立てがないのです。
先週ヒアリングしたのは、実は、いつもはサクラのパートをしている五人の学生!
集結したのは、昼キャバで働くAさん、男子学生のBさん、売れっ子アーティストのCさん、音楽プロダクションに所属する予定のDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「まず先に、辞めた原因から聞いていきたいと思います。Aさんから順にお話しください」
A(メンズキャバクラ勤務)「わしは、女心なんか興味なく気がついたら辞めていました」
B(貧乏学生)「ボクは、稼げなくてもいいと思って辞めましたね」
C(作家)「ボクは、オペラ歌手をやっているんですけど、まだ始めたばかりなんでさっぱり稼げないんですよ。スターになる為には目立たない所から地道に下積みしなきゃいけないんで、こういう仕事をやってセフレ当分アンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「自分は、○○って音楽プロダクションでギタリストを辞めようと考えているんですが、一度のコンサートで500円だけしか貰えないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトを始めたんです」
E(お笑い芸人)「本当のところ、ボクもDさんと相似しているんですが、1回のコントでもらえて数百円の貧しい生活してるんです。先輩が紹介してくださって、サクラのアルバイトをしなければと考えました」
意外や意外、五人中三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属中というパワフルなメンバーでした…、かと言って話を聞いてみるとどうも、五人にはステマ独自の悲しいエピソードがあるようでした…。
出会い系を使ってばかりなという人の傾向はセックスフレンド孤独な人間であることに違いはなく、たとえ相手がいたとしても、もはやそこに人間としての意味を感じないというような冷めた考え方で他人と接しているのです。
いつも出会い系を使っているような人はやはり、恋愛という問題以前として、愛情のある家庭で育っていなかったり、誰かとの友人関係ですらもまず維持できないという人ばかりなのです。
そういう人に共通しているのは、別の視点から見ると、つまらない人のように見え、特に何かに悩んでいるわけでもないように思えてしまいますが、もちろん実際には違います。
自分以外の誰かを信頼することを恐れるという部分があり、家族であっても、友達として人間関係を持つことも、同じ仕事をする人との関係も、異性との関係も、そもそも長く続くものだと思っておらず、そういった経歴から異性に興味を持つことを禁じている、といった過去を持つ人がほとんどなのです。
そういうタイプの人から見ると、出会い系の中という場所は楽でいられるところなのです。
サイトを介して得た関係は、長続きすることは珍しいのがごく普通の結果だからです。
ほとんどの場合、一度だけの関係しか持つことができないので、そこから面倒もなく、目的が一つだけ達成できれば関係も長くは続きません。
出会い系での相手にハマってしまって抜け出せなくなる人は、人間としての相手との関係を自分には無関係ととらえている人たちで、ひとたび人間を信用できるようになると、出会い系の空間からは遠ざかっていくことが多いようです。

関連記事: